2021年オカダ・カヅチカ

2020年オカダ・カヅチカは、ベストバウト受賞

新日本プロレスに凱旋帰国して以来、IWGPヘビー級王座に絡めず終わった

レッスキングダム14で内藤哲也に敗戦、IWGPヘビー級王者から陥落

 

ニュージャパンカップでEVILに敗戦、G1クライマックス30で同門ウィル・オスプレイの反逆に・・

終盤から、レッスキングダム15は、ウィル・オスプレイが作ったユニット

ジ・エンパイヤ(現ユナイテッド・エンパイヤ)征伐に乗り出し

 

ウィル・オスプレイをレインメーカーで葬った

オカダ・カヅチカ
画像出典元
新日本プロレス

 

2020年オカダ・カヅチカがレインメーカーを封印してからウィル・オスプレイはなった一発であった。

 

オカダ・カヅチカ、キングオブ・ダークネスEVILとの戦い

2020年の新日本プロレスを総括したオカダ・カヅチカは、反則やセコンドの介入でベルトの移動や勝敗が決まる事で、新日本プロレスから多くのファンが離れたと指摘

こんな事になったのは、2020年ニュージャパンカップで自らがEVILに敗戦したことが原因としたオカダ・カヅチカ

リセットを図るために、EVILとのシングルマッチを新日本プロレスに訴えた

 

しかし新日本プロレスはEVILとのシングルマッチは組まず、前哨戦とばかりCHAOS

BULLET CLUBとの戦いが続きオカダ・カヅチカも苛立ちを隠せずにいる

果たしてオカダ・カヅチカVSEVILとのシングルマッチは実現するのか?

 

オカダ・カヅチカのIWGPヘビー級戦線復帰はまだ遠い