世界戦略WWEの基本的な見かた。

世界最大級のプロレス団体WWE

SnapCrab_NoName_2018-8-28_10-55-22_No-00.png

画像出典元WWE
日本にも数多く存在するプロレス団体
かっては全日本プロレス、新日本プロレスが老舗のメジャー団体と言われた。
全日本プロレスから選手が大量に離脱

プロレスリング・ノアが発足したこの事が全日本プロレスを衰退化させた。
一時期プロレスリング・ノアは全日本プロレスに変わるメジャー団体として
新日本プロレスをも凌駕した時期もあったが社長の三沢光晴がリングで死亡すると言う
出来事があり。
小橋建太、田上明、秋山準がプロレスリング・ノアを支えた
しかし、小橋建太引退
田上明引退
秋山準は古巣の全日本プロレスに復帰社長となった。

現在の日本プロレスは新日本プロレスがメジャー団体として認識され
人気、実力も一極集中と言っても過言ではない。

その新日本プロレスの売上が35億と言われているが
新日本プロレスの20倍売り上げる団体がいるそれがWWEである。

WWEは、世界各国でプロレスの試合をおこないそのプロレスはエンターテインメントプロレスと言われている。
日本人のWWE所属選手は
中邑真輔、ASUKA、ヒデオ・イタミ、カイリ・セイン、紫雷イオなどがいる。
日本で活躍した選手もWWEでは新人扱いとなる

WWE基本情報

新人はWWEパフォーマンスセンターで練習を積み重ね新たなレスラーとし生まれ変わる
WWEではレスラーの事をスーパースターと呼ぶ

WWEは男女とも世界チャンピオンが2人存在する
何故2人存在するかと言えば
WWEではRAW所属とSmack Down Live所属に別れる
この2つは全く独自のストーリーを展開する
RWAの王者はユニバーサルチャンピオン
Smack Down Liveの世界チャンピオンはWWE世界チャンピオンとなるが

WWE世界チャンピオンは日本でもお馴染みのAJスタイルズだ「2018年」
新人はNXTと言うまた別の所属で凌ぎを削る

新日本プロレスでスーパースターだった中邑真輔もNXTで活躍NXTチャンピオンとなりSmack Downに昇格

ASUKAも無敗でNXTを快進撃NXT女子王座になり返上RAWに昇格現在はSmack Downに移籍となった。

カイリ・セインはNXT女子チャンピオンを獲得
紫雷イオはスタートしたばかりとなる。

内藤哲也の考えるチャンピオンベルトの意味は?WWEの考える世界戦略とは