G1クライマック29オカダ・カズチカ躍動

2018年IWGPヘビー級王者から陥落したオカダ・カズチカ

G1クライマック初戦でジェイ・ホワイトと対戦

そしてジェイ・ホワイに敗れた。

 

この敗戦がジェイ・ホワイトと外道の結託へ導き

オカダ・カズチカの前に立ちふさがる

 

2戦目のバットラック・ファレにも敗戦この敗戦がG1クライマック優勝出来なかった

要因は言うまでもなかった

2019年オカダ・カズチカのは、IWGPヘビー級王者に返り咲き

春のNJCも制覇した。

 

勢いは戻った。G1クライマックも制覇してオカダ・カズチカの時代を確立させる

初戦は新日本プロレス黄金カード棚橋弘至を迎える。

 

初戦にして重要なカードとなった棚橋弘至戦

オカダ・カズチカのレインメーカー

 

オカダ・カズチカ
画像出典元
新日本プロレス黄金カードオカダ・カズチカVS棚橋弘至 オカダ・カズチカレインメーカーさく裂

オカダ・カズチカの必殺技レインメーカーは、多くの選手が返し技を開発

一発で決まらない事が多くなっている

 

オカダ・カズチカもレインメーカーに工夫をこらし

ローリング式、正調式などレインメーカーも多くの変化を見てきた

 

オカダ・カズチカの生命線とも言えるレインメーカー

このレインメーカーが決まらず辛酸をなめた機関もあった。

 

しかしオカダ・カズチカは何度も繰り返し

棚橋弘至に正調式レインメーカーを決めて勝利して見せた

 

オカダ・カズチカは怪物となってG1クライマックに降臨した

オカダ・カズチカはを止めるのはSANADAか?KENTAか?飯伏幸太か?

 

試合後のはリング上でオカダは「G1クライマックス、どうだった? また帰ってくるときは、俺がG1ウィナーで、IWGPヘビー級王者だ」と英語でスピーチ。さらには日本語で「またダラスに俺が帰ってくる時は、ここダラスに…カネの雨が降るぞ!」とアピールし、4846人の観衆から大歓声を受けた。