G1クライマック29棚橋弘至大穴?いや本命だろう

本命オカダ・カズチカと大穴棚橋弘至のG1クライマック29

怪我から復帰した棚橋弘至がジェイ・ホワイトに敗戦した。

G1クライマック29優勝は本命はオカダ・カズチカであろう。

ケニー・オメガに敗戦IWGPヘビー級のベルトを失った期間、ジェイ・ホワイに敗戦

外道の裏切り、CHAOSの崩壊危機、G1クライマックのでの敗戦

棚橋弘至に敗戦、最強の称号はオカダ・カズチカから離れたかに見えた

 

しかしオカダ・カズチカは楽しんでいるようにも思えた。

棚橋弘至とタッグを結成、CHAOSの再編成

標的はジェイ・ホワイトのIWGPヘビー級のベルトに変わった。

 

目標ができたオカダ・カズチカは強かった

NEW JAPAN CUPで勝ち上がり、CHAOS対決を全てクリアー

 

ライバルと認めるSANADAを決勝で撃破

マジソン・スクエア・ガーデンにNEW JAPAN CUPチャンピオンとして降臨

 

宿敵ジェイ・ホワイトをマジソン・スクエア・ガーデンで粉砕世界にオカダ・カズチカを見せつけた

一方棚橋弘至はG1クライマックスを勝ち抜くとオカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイトとレッスルキングダムのメインの切符をかけて勝負

全て勝利その勢いは、ケニー・オメガからIWGPヘビー級のベルトを奪って見せた。

しかし棚橋弘至の勢いはそこまで、初防衛の相手はオカダ・カズチカを破って棚橋弘至の前に現れた

ジェイ・ホワイト

 

フィクサー外道は厄介で、そのジェイ・ホワイトと外道のコンビネーションは抜群で初防衛戦でなんとジェイ・ホワイトに敗戦

世間はレインメーカーショック再びと揶揄された。

 

復活をかけたマジソン・スクエア・ガーデンでのザックセイバーjr戦

関節技で肘を破壊されその後欠場となる。

 

復帰戦はジェイ・ホワイト

怪我から復帰ジェイ・ホワイトとの対戦となった棚橋弘至

フィクサー外道とジェイ・ホワイトは厄介である。

圧倒的にジェイ・ホワイト有利と思われた。

 

試合開始なぜかジェイ・ホワイトは棚橋弘至を警戒

必要以上に棚橋弘至の欠場となった肘を責める

あきらかに警戒してる。

棚橋弘至の復帰戦
画像出典元
新日本プロレス
棚橋弘至VSジェイ・ホワイト戦
棚橋弘至怪我から復帰ジェイ・ホワイトに挑む

棚橋弘至がもつエースたる所以であろう。

外道もところどころ乱入、試合に介入棚橋弘至のペースを乱す

 

しかし棚橋弘至は、見せ場をどんどん作るハイフライフローを解禁

コーナーに登った所外道に阻止され、ジェイ・ホワイトから引きずる下ろされた

 

それからお互い金的攻撃、丸め込み合戦肘を折りたたみ棚橋弘至を丸め込んだジェイ・ホワイトがピンフォール勝ちとなった。

 

このドミニオン大会では話題が多く棚橋弘至の復帰戦が少々かすんだ、結果だけ見れば棚橋弘至の敗戦、しかし試合内容では棚橋弘至の復活を示したようにも見える

棚橋弘至は、劣化と呼ぶが棚橋弘至人気は爆発中である。

 

逆境から優勝したG1クライマックス28

今回も自分を大穴と呼ぶが、このまま終わるとは思えない

 

ノーマークの棚橋弘至ある意味本命ともいえる。