G1クライマックス29開幕

新日本プロレスG1クライマック29が開幕

異例はアメリカダラスでの開幕となった

目玉は、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカVS棚橋弘至

飯伏幸太VSKENTA

モクスリーVS内藤哲也など興味深い戦いが満載

スポンサーリンク




G1クライマックス29Aブロック初戦

オカダ・カズチカVS棚橋弘至

新日本プロレスの黄金カードがダラス

新日本プロレスのブランドを見せるにはこれしかない

試合結果

2019年7月6日(土)   アメリカ・アメリカン・エアラインズ・センター 

ウィル・オスプレイVS〇ランス・アーチャー

EBDクローからの体固めでランス・アーチャーの勝利

NJCの借りを返したランス・アーチャー

 

IWGPジュニアヘビー級のウィル・オスプレイ初戦勝利ならず。

動きの止まったオスプレイを捕まえて雪崩式のブラックアウト。したたかに叩きつけると、最後はEBDクロー。オスプレイを押さえ込み3カウントを奪い、嬉しい地元での1勝目をあげたのだった。

 

EVIL VS バッドラック・ファレ

 

バットラックフォールからの体固めでバットラック・ファレが勝利

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンからも一定の距離を置いたEVIL

EVILのG1クライマック29かけた初戦だったが

バットラック・ファレに粉砕

ファレは首のイスを投げつけてディフェンスし、スキをついてEVILに急所攻撃。
 場内がブーイングに包まれる中、ファレはEVILの首にイスを固定し、逆にイスで振り抜く。
 ここでレフェリーがリングに戻ると、ファレは一気にバッドラックフォールを炸裂。EVILはフォールを返せず、ファレがダーティーファイトで勝利を収めた。 

なりふり構わず勝利を手にしたファレに軍配

SANADA VS ザックセイバーjr

テクニック合戦から難敵ザックセイバーjrをオコーナーブリッジで抑え込んだ

SANADAの勝利

SANADA
画像出典元
新日本プロレス
SANADAVSザックセイバーjr

オカダ・カズチカがライバルと認めたSANADA初戦を見後突破

飯伏幸太VSKENTA

注目のKENTA新日本プロレスG1クライマック29初戦

飯伏幸太も新日本のトップとしてKENTAに新日本プロレスの力を見せる時

 

試合は・・

KENTAの封印してきたgo2sieepがさく裂

KENTA新日本初勝利となった。

KENTAは飯伏の即頭部に蹴りを三連発。さらに気合の雄叫びから4発目を叩き込んでフォールに入るが、飯伏はなんとかカウント2で跳ね返す。 ならばとKENTAは、ついにgo 2 sleepを成功させ、飯伏から3カウントを奪取。KENTAが価値ある一勝目を収めた。

オカダ・カズチカVS棚橋弘至

日本で数多く行われた名勝負

レッスルキングダムのメインでIWGPヘビー級王者を争った2人が登場

結果は・・

レインメーカーでオカダ・カズチカの勝利

 

IWGPを失ってから望んだ昨年のオカダ・カズチカとは違い

NJCで優勝マジソン・スクエア・ガーデンでジェイ・ホワイトを撃破したIWGPヘビー級王者に返り咲いて登場したオカダ・カズチカ

 

欠場開け間もない棚橋弘至棚橋弘至は2連覇宣言するも

今の驚異的な強さを身に着けたオカダ・カズチカの牙城は崩せなかった

 

封印してきたハイフライフローも繰り出した棚橋弘至であったが・・

オカダ・カズチカVS棚橋弘至 レインメーカーでオカダ・カズチカピンフォール勝ち

G1クライマックス29オカダ・カズチカ
画像出典元
新日本プロレス
新日本プロレスG1クライマック29オカダ・カズチカVS棚橋弘至

G1クライマックス29中盤戦への展開は。



棚橋弘至と飯伏幸太、内藤哲也は連敗スタート

優勝候補である3者がまさかの連敗スタート

 

オカダ・カズチカ、KENTA、モクスリーは連勝となった。

〇ジュース・ロビンソンVS鷹木信悟

〇ジョン・モクスリーVSタイチ

ジョン・モクスリー新日本プロレスG1クライマック初戦タイチを圧倒

元WWEスーパースターの実力を見せつけた。

モクスリーはもう一度デスライダーにいくが、切り抜けたタイチはタイチ式外道クラッチ。しかし、カウントは2。
ならばと聖帝十字陵を繰り出すが、これを読んだモクスリーは一気に高角度のデスライダー 。この一撃で完璧な3カウントを奪い、白星スタートに成功した。
 試合後、あべみほがタイチを介抱する。モクスリーはUSヘビーを掲げ、勝利を場内にアピール。
ジョン・モクスリー
画像出典元
新日本プロレス
ジョン・モクスリー

〇矢野通VS内藤哲也

矢野が海野レフェリーの着ているシャツを頭に被せ、視界を遮る。そして、内藤の急所を殴ると、同様の手口で内藤の視界も遮断し、悪質タックルからのスクールボーイ(横入り式エビ固め)でまんまと3カウントを奪った。

この矢野通の敗戦が内藤哲也のG1クライマックス29を大きく乱してしまうことになる。

プロレスラーの奥深さを見せつけた矢野通。

〇石井智宏VSジェフ・コブ

今年の石井智宏はG1クライマックス最年長となった

当然優勝を目指す。

ますます切れのかかった、垂直落下式ブレーンバスターの破壊力は抜群である。

〇後藤洋央紀VSジェイ・ホワイト

後藤洋央紀の執念がジェイ・ホワイトを粉砕

優勝候補のジェイ・ホワイトが黒星スタートとなった。

後藤洋央紀
画像出典元
新日本プロレス