G1クライマックスから落選したYOSHI-HASHIがマイクアピール!

『YOSHI-HASHI』G1のエントリーも懸けて闘え!

YOSHI-HASHIが吠えた

G1クライマック落選、YOSHI-HASHIの結果と新しい顔ぶれを見たら仕方ないのか?

CHAOSが分裂の危機の時オカダ・カズチカをサポートオカダ・カズチカを再起に導いた

YOSHI-HASHIその功績は大きい

 

ニュージャパンカップではCHAOS対決まで負けなかったYOSHI-HASHIベスト4全てCHAOSで占めた

そのYOSHI-HASHIだがG1クライマックス29から落選した。

そのYOSHI-HASHIがブリティッシュ・ヘビー級王者ザックセイバーjrと抗争中

 

ザックセイバーjrは棚橋弘至にめっぽう強い印象がある

巧みな関節技を次々と繰り出し体を破壊していく

 

怪我の多い棚橋弘至は膝や、肘などに故障を抱えているためその爆弾個所を責められると

劣勢になると。

そんなザックセイバーjrとタイトルマッチを行うYOSHI-HASHI

 

ザックセイバーjrはYOSHI-HASHIを小ばかにする

しかしYOSHI-HASHIが爆発した。

「オイ! ザック・セイバーJr.、お前が試合前、俺のこと、スゲェおちょくって来るだろ!? そんだけお前がオイ! 次のタイトルマッチ、余裕で勝てる自信があるとすれば! お前の! 『G1(CLIMAX)』の! エントリーも! 一緒に懸けて闘え!!

なんとザックセイバーjrのG1クライマックスエントリーの権利をかけて戦えと主張

YOSHI-HASHIが存在感を出す。

オカダ・カズチカと同時期に凱旋帰国したYOSHI-HASHI

しかしその差は歴然

オカダ・カズチカはいまや新日本プロレスの王者となりレインメーカーとなった。

 

一方YOSHI-HASHIはG1クライマックスまで落選

G1クライマックスは狭き門になりつつある。

 

あの鈴木みのるでさえ落選となった。

もはや、G1クライマックス29の参加メンバーは発表されている事から変更は厳しい状況だが

ブリティッシュ・ヘビー級王者を奪う事がYOSHI-HASHIの存在感になるであろう。