IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル王者誕生の道

新日本プロレスで勃発したIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル2冠王者

誕生

2119年内藤哲也が突如IWGPインターコンチネンタルとIWGPヘビー級王者となる事を宣言

事の発端は、インターコンチネンタル王者である内藤哲也が新日本プロレス初の祭典

ニュージャパンカップ(NJC)で優勝を目論んだ発言

ニュージャパンカップのトーナメントで優勝すると

 

IWGPヘビー級王者への挑戦権が発動する。

2018年までのニュージャパンカップのトーナメントは、シングルのベルト保持者

は参加しないが通例であった。

 

しかし、2019年のニュージャパンカップはインターコンチネンタル王者内藤哲也

NEVER無差別級王者ウィル・オスプレイもトーナメントに参加していた。

 

当時のIWGPヘビー級王者は棚橋弘至からベルトを奪った若き王者ジェイ・ホワイト

ニュージャパンカップを制覇したものは

 

新日本プロレスが開催するビックイベントレッスルキングダムでジェイ・ホワイトへの挑戦が決まっていた。

しかし内藤哲也の結果は飯伏幸太のカミゴェに敗戦

内藤哲也2019年
画像出典元
新日本プロレス

内藤哲也の野望は1回戦で消える事になった。

内藤哲也の次なる一手は?

内藤哲也失速

2019年内藤哲也は、目の怪我のために失速した

その怪我は、年末の手術まで引きずる事になる

リング上で何重にも見える現象と戦いながらリング上がったという。

 

今思えばG1クライマックスやインターコンチネンタルの防衛なども

ファンから見たらもの足りない結果となったのもその怪我の影響であったのかも

ここ数年の内藤哲也の活躍を見たらそう思わざる得ない

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也失速かと。

 

G1クライマックス矢野、ジョン・モクスリー、タイチに敗戦

しかしAブロックの優勝戦までこぎ着けた内藤哲也

 

相手はジェイ・ホワイトである。

ジェイ・ホワイトは2019年最もブレークした選手

IWGPヘビー級王者にもなり外道を味方につけしたたかなレスリングで上位陣を

総なめとなった。

 

そのジェイ・ホワイトと対戦した内藤哲也

『G1』Bブロック公式戦最終試合
画像出典元
新日本プロレス
『G1』Bブロック公式戦最終試合

ブレードランナーの体勢に入るが、内藤がリバースフランケンシュタイナーに切り返す。
 続いて内藤はコリエンド式デスティーノで追撃。そして、(正調)デスティーノを仕掛けるが、ジェイが脱出し、ハーフネルソンスープレックスで叩きつける。
 ここから両者が互いの動きを読み、切り返しの応酬を展開。そんな中、ジェイがスリーパースープレックスで内藤の動きを止める。
 次にジェイは、変型ブラディサンデーで内藤に追撃し、最後はブレードランナーで内藤を轟沈した。