内藤哲也VS飯伏幸太リマッチ終息宣言

内藤哲也VS飯伏幸太終結

内藤哲也と飯伏幸太のリマッチ合戦の終結宣言をした。

2019年3度の対戦となる内藤哲也と飯伏幸太の同級生対決

 

ニュージャパンカップ1回戦で対戦飯伏幸太の勝利

マジソン・スクエア・ガーデンでチャンピオン内藤哲也にチャレンジした飯伏幸太

飯伏幸太が新チャンピオンとなった。

 

リマッチは内藤哲也は嫌うのだが

内藤哲也は筋を通した、飯伏幸太のいるリングに上がると飯伏幸太のインターコンチネンタルに挑戦したい人リングへ・・と呼びかけたが

 

一向に誰も上がってこない内藤哲也は、では自分が挑戦させていただきますと飯伏幸太へのリマッチとなった。

調印式では

もうリマッチはしない。9日の新日本大阪城ホール大会で行われるIWGPインターコンチネンタル(IC)選手権に向け、王者飯伏幸太(37)と挑戦者内藤哲也(36)が8日都内で調印式に臨み、そろって今回を最後のIC対決にしたいと主張した。

内藤哲也VS飯伏幸太
画像出典
新日本プロレス チャンピオン飯伏幸太
チャレンジャー内藤哲也インターコンチネンタル戦

好カードもやりすぎは厳禁と飯伏幸太も内藤哲也も納得した上で

インターコンチネンタル戦を行った。

 

インターコンチネンタル戦結果は?

チャンピオン飯伏幸太VSチャレンジャー内藤哲也で行われたインターコンチネンタル戦

結果は内藤哲也の勝利となった。

リマッチ終結で

 

しばらくは内藤哲也VS飯伏幸太はお預けとなる

しかし神と崇めた中邑真輔の保持していたインターコンチネンタルのベルト

飯伏幸太はあきらめるか疑問である。

 

内藤哲也もインターコンチネンタルのベルトを持ったままIWGPヘビー級のベルトを巻く

野望がある歴史に名を刻むためには

 

インターコンチネンタルのベルトは必要となった内藤哲也

G1クライマックでは静観していたジェイ・ホワイトとの1戦もある内藤哲也

昨年から飛躍したジェイ・ホワイトと同対戦するのかこれは注目の展開

 

飯伏幸太もWWEからきたKENTAといきなり初戦で激突となった

新展開が2人を待ち受ける

別ブロックとなった両者が激突するのは決勝しかない。