新日本プロレス自粛明け無観客試合

新日本プロレスが自粛明けに、選んだのはニュージャパンカップ2020

外国人が来日できない中、無観客でジュニアヘビー級戦士をまじえた

ニュージャパンカップのトーナメント試合

 

注目はオカダ・カズチカの連覇、高橋ヒロムジュニアヘビー級王者の戦い

棚橋弘至と飯伏幸太のIWGPヘビー級タッグ王者のタイチとザックセイバーjrとの戦い

トーナメントは注目されるポイントはいくつもあった。

誰が優勝して、内藤哲也の保持するIWGPヘビー級&インターコンチネンタルの王座に挑戦するのか?

最も注目された選手は高橋ヒロム、IWGPジュニアヘビー級王のまま、IWGPヘビー級に挑戦する夢これをファンは後押しした。

高橋ヒロムは、1回戦本間朋晃、2回戦矢野通、3回戦石井智弘を撃破ヘビー級を破ってオカダ・カズチカ戦までたどり着く

しかしオカダ・カズチカの壁は高く、オカダ・カズチカのコブラクラッチで敗戦

決勝の夢は絶たれた。

別のブロックで上がってきたのは暗黒のEVIL

キング・オブ・ダークネスEVIL

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也の最初のパレハEVILであった

 

しかしその試合内容は尋常ではなく、反則をおり交ぜながら

難敵を撃破、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン同門

IWGPヘビー級タッグを獲得したこともある、SANADAにまで急所攻撃から

自身の必殺技EVILを仕掛け、ピンフォールを奪う荒業で決勝まで進んだ。

オカダ・カズチカVSキング・オブ・ダークネスEVIL

ニュージャパンカップ2020決勝は

前年覇者オカダ・カズチカとロスインゴベルナブレス・デ・ハポン、キング・オブ・ダークネスEVILとの対決となった。

白熱した展開を繰り広げる2人

しかしオカダ・カズチカの勝利を確信していた新日本プロレスファンは多かったはず

内藤哲也との名勝負を再び再現するそんあ期待もあった。

 

しかし今回のEVILの決断は違っていた、覚悟そんな風にも見えた

オカダ・カズチカとの戦い、EVILはオカダ・カズチカのも同様な鬼気迫る

戦いを見せ、反則、急所へストンピング攻撃、そして必殺技へとつなぐ

オカダ・カズチカへEVILをみまう
画像出典元
新日本プロレス

このEVILでオカダ・カズチカを撃破してしまう

この反則行為に、ファンは動揺したが

内藤哲也だけはEVILの行動を認めた、なりふり構わず勝ちにいくその姿に

 

ニュージャパンカップ2020の覇者はキング・オブ・ダークネスEVILと予想していた。

ニュージャパンカップ2020優勝後事件は起きた。

優勝したキング・オブ・ダークネスEVILは、同門ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也をリングに呼び寄せた。

 

内藤哲也はキング・オブ・ダークネスEVILの戦いぶりを同門として褒めたたえ

明日は、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンらしい戦いをやろうとマイクパフォーマンス

いつものグータッチを求めた

EVILも内藤哲也のパフォーマンスにこたえるようにグータッチを差し出すが

差し出した指先はバレット・クラブのToo Sweet

どよめく解説席だが、その瞬間キング・オブ・ダークネスEVILは、内藤哲也をEVILでなぎ倒した。

その光景を見たのち、バレット・クラブが乱入

キング・オブ・ダークネスEVILと共に、結束をあらわにした

キング・オブ・ダークネスEVILのロスインゴベルナブレス・デ・ハポン脱退の瞬間

 

内藤哲也を裏切った瞬間をみんなが目撃する事になった。

キング・オブ・ダークネスEVI、内藤哲也を撃破

キング・オブ・ダークネスEVIL、パレハのEVILに裏切られた内藤哲也

大阪城ホールドミニオンで、キング・オブ・ダークネスEVILを一蹴する必要があった。

 

一方EVILは、時代を動かす?EVILが選んだ、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン脱退

内藤哲也を裏切るのは必然性があったのを証明する必要がある。

 

納得させるためには、IWGPヘビー級王者となる必要がある

キング・オブ・ダークネスEVILは、内藤哲也を非情に攻めた

同門だった故に、弱点も心得ている

 

古傷の膝を攻めに攻めた

とどめとばかりに、反則を繰り返す

乱入者も用意した。

 

その結果、キング・オブ・ダークネスEVIL

内藤哲也を撃破IWGPヘビー級王者とインターコンチネンタルのベルトを獲得した。

ニュージャパンカップ覇者、IWGPヘビー級王者、インターコンチネンタル王者となったキング・オブ・ダークネスEVIL

自らを3冠王と呼ぶEVIL

ニュージャパンカップ2020、IWGPヘビー級王者、インターコンチネンタル王者の称号を手にした、キング・オブ・ダークネスEVILはふてぶてしく

語る、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを切り捨てた

あんなやつら腐ってるだろと吐き捨てた

 

苦楽を共にした同門ではなく、自らがのし上がるための道具に過ぎなかった

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン

現在、鷹木信吾、BUSHIと保持しているNEVER無差別6人タッグベルトは返上となる。

 

初防衛戦の相手は、元盟友高橋ヒロムに決定した。

キング・オブ・ダークネスEVIL、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン崩壊を目論む

IWGPヘビー級王者&インターコンチネンタル

ニュージャパンカップ2020覇者となったキング・オブ・ダークネスEVIL

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン崩壊を狙う?

 

高橋ヒロムにいつまで内藤哲也のそばにいるのか?そう投げかけた

高橋ヒロムはその言葉をどう受け止めるのか?

 

内藤哲也と高橋ヒロムは師弟関係である

高橋ヒロムは内藤哲也と決別する事は考えにくいが

EVILが一つのくさびを打ち込んだことになる。