レッスルキングダム新日本プロレス2020年始動オカダ・カズチカは?内藤哲也は?

新日本プロレス2020年始動

新日本プロレス2020年が始動した。

2019年飛躍したのはG1クライマックス29を制覇した飯伏幸太

IWGPヘビー級王者となったジェイ・ホワイト

 

オカダ・カズチカは年頭はジェイ・ホワイトに苦しめられたが

ニュージャパンカップで優勝すると、マジソンスクエアガーデンでジェイ・ホワイトからIWGPヘビー級王座を奪還すると

その後も防衛を続け順調な活躍を見せた。

後半のG1クライマックス29ではSANADAがオカダ・カズチカに初勝利

飯伏幸太が、昨年の準優勝に続き、ジェイ・ホワイトと決勝見事に優勝して後半の主役となった。

特筆すべきは、新日本プロレスで起こった2冠騒動

IWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠王者を誕生させようと言うもの

内藤哲也が2019年言い出しっぺであったが

 

失速、飯伏幸太が2冠を目指すとコメント、ジェイ・ホワイトも同調した。

結果オカダ・カズチカと飯伏幸太

ジェイ・ホワイトと内藤哲也の勝者が、2冠をかけてレッスルキングダム2日目で対戦する事となった。

勝者は2019年体調不良で失速した内藤哲也が2冠王者となった。

主役はロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也

レッスルキングダムを制覇した内藤哲也

前半の新日本プロレスは内藤哲也となった。